熱処理QA

高周波焼入れ

高周波焼入れでは、高周波による誘導加熱を利用して表面焼入れを行います。電流を流すと、一般には断面一様に流れますが、周波数(Hz)が高くなると、表面層しか流れなくなります(表皮効果)。

高周波焼入れはこの表皮効果を利用した表皮加熱焼入れであり、焼入れ深さは周波数が高くなるほど浅くなります。通常、深さは1~2mm程度です。

高周波焼入れの目的

  1. 耐摩耗が必要な部分のみ表面焼入れを行い、硬化させる
  2. 表面のみ硬度を高め、内部は靭性を保つ

高周波焼入れの原理

  1. 磁性体に銅線を巻いて交流電流を流すと、鋼の表面に磁束が生じ、内部に誘導電流(過電流)が流れる
  2. 表皮効果により鋼の表面部に過電流は集中し、加熱を行う
  3. 表面部がオーステナイト状になるまで加熱し、しばらく保持して、急冷する
参考) 熱処理ノート 大和久重雄 著 (日刊工業新聞社)

> 武藤工業(株)の高周波熱処理


[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア