熱処理QA

火炎焼入れ

酸素アセチレン炎やプロパンガス炎など、高温の炎を吹き付けて鋼鉄部品の表面を焼入れし、表面層を硬化させる方法です。

硬化の原理は焼入れと同じで、オーステナイト組織まで加熱後、急冷させてマルテンサイト組織を得ます。

温度測定、炎調整が難しく、温度制御が正確にできないため、量産品にはあまり使用されません

火炎焼入れの目的

耐摩耗性と耐疲労性の向上

火炎焼入れのルール

  1. 冷却は主として噴水による
  2. 焼入れ後は180~200℃の低温焼戻しを行う
参考) 金属熱処理科(職業能力開発大学校 研修研究センター編)

> 武藤工業(株)の火炎焼入れ


[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



火炎焼入れ Q&A一覧

熱処理のことなら、まずはご相談ください。
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード