熱処理QA

安定化

時間経過による寸法、または組織の変化を防ぐことを目的とした熱処理です。

高温での焼戻し処理を行った場合、残留オーステナイトが活性状態であると経年変化が起こりやすくなります。この対策として、中温度域での焼戻し処理を追加し、残留オーステナイトを安定化させます。

安定化の目的

  1. 経年変化対策

[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



安定化 Q&A一覧

熱処理のことなら、まずはご相談ください。
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード