熱処理QA

時効硬化処理

金属における時効(aging)とは、金属の材料特性が時間の経過とともに変化することです。
非鉄金属(アルミニウム合金やマグネシウム合金、チタニウム合金など)の硬化に広く応用されています。
最近では鋼の合金強化の重要な方法となっています。

 

[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア