熱処理QA

硬質アルマイト

アルマイト加工のうち、皮膜硬さおよび耐摩耗性に優れた皮膜を硬質アルマイト(ハードアルマイト)と呼びます。
硬質アルマイト皮膜は50μm程度が一般的で、通電しない「絶縁皮膜」となります。
硬質アルマイトの膜厚を厚くすると、硬度は変化しませんが「破壊電圧」および「耐摩耗性」は向上します。

硬質アルマイトの目的

  1. 耐磨耗性の向上・・・特に摺動磨耗に優れています
  2. 硬度
  3. 電気的特性・・・絶縁破壊電圧は非常に高い

硬質アルマイトの硬度

膜厚と硬度の関係は相関がありません。
硬度の目安は下記となります。

材質 硬度期待値
A6000系 Hv350~420
A2000系 Hv200~270
A5000系、A7000系 Hv300~

[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア