熱処理QA

クロメート処理

クロメート処理とは、六価のクロム酸を主成分とする処理液で表面処理する方法です。
金属をクロメート処理すると表面に酸化皮膜ができ、耐食性が向上します。現在は六価クロムが規制され、三価クロムに置き換えられています。

クロメート処理の目的

耐食性の向上を主な目的として利用されます。

  1. 亜鉛めっきやカドミウムめっき後のクロメート
  2. 銀めっき後のクロメート(変色防止用)

クロメート処理とクロムめっきの違い

  1. クロムめっきは金属クロムを電気を流して被着します。膜厚をコントロールでき、金属のため硬さもあります。硬度を得ることがが主な目的です。
  2. クロメート処理は、金属をクロム酸を含有した液につける化学反応で、膜厚は厚くなりません。耐食性を持たせることが主な目的です。

[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア