熱処理QA

アルマイト

アルマイト(陽極酸化処理)とは、アルミニウムを陽極で電解処理し、人工的に酸化皮膜を作る表面処理です。
アルミニウムは酸素と結びつきやすく、空気に触れていると非常に薄い酸化皮膜を作ります。この皮膜に保護されることで、アルミニウムは一般的に耐食性があると言われますが、この膜は非常に薄く、環境によっては腐食してしまいます。
そこでアルマイト加工によって人工的に厚い膜を作ることで保護します。

アルマイトの目的

  1. アルミニウムの耐食性、耐摩耗性の向上
  2. 美観、意匠性の向上

アルマイトの種類

白アルマイト、着色アルマイト

材質

A1000~7000、アルミ合金など

アルマイトとメッキの違い

メッキは加工材の上に異種金属の膜が重なるため、元の金属より厚くなります。アルマイトはアルミニウムを溶かし、その溶かされたアルミニウムがAl203という酸化物に変化して皮膜が作られるため、皮膜が内部に進行していきます。


[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア