焼入れ

焼入れ

焼入れは、鋼を硬く強くするために行う熱処理です。鋼を高温に加熱してオーステナイト組織にしたあと急冷し、マルテンサイト化します。マルテンサイトは非常に硬い組織で、耐摩耗材、切削具、強度部品として使われる鋼に焼入れして生成します。

焼入れの目的

鋼を硬くする

焼入れのルール

焼入温度に加熱した後、急冷(水冷または油冷)する

焼入れ

焼入れの種類

普通焼入れ

最も一般的に行われる焼入方法で、焼入温度から水冷または油冷します。

時間焼入れ(引上焼入れ)

焼入れの冷却を時間でコントロールします。最初、水または油で急冷し、ある時間経過したところで引き上げて除冷(空冷)します。臨海区域だけを早く、危険区域をゆっくり冷やすため、「割れず、硬く」焼きを入れることができます。

熱浴焼入れ

焼入冷却剤に熱浴(塩浴または金属浴)を使って焼入れします。熱浴の温度によって、マルテンパ(マルクエンチ)とオーステンパがあります。

参考) 金属熱処理科(職業能力開発大学校 研修研究センター編)

武藤工業の「焼入れ」

形状・材質によって焼入れ方法の選択をいたします。お気軽にご相談ください

S45C、SK3、SKS3、SUJ2、SCM435など反りが出そうなものはソルト、通常は油焼入れを行います
SKD11・SUS440などセッティング方法によって反り縮みの影響を小さくします
SKH51(ハイス)など月水金対応しています
代表的な金属S45C、SK3、SKS3、SUJ2、SCM435、SKD11、SUS440、SKH51、HAP40など
型についてプラスチック金型等ついては寸法精度処理を行います

 

[ 熱処理 技術情報トップへ戻る ]



平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  2名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

工具鋼のブランド対照表

神奈川県の熱処理メーカー武藤工業株式会社

武藤工業株式会社採用ページ







武藤工業株式会社/本社・工場
〒242-0027
神奈川県大和市下草柳825-4
TEL.046-261-8057
FAX.046-260-2137
武藤工業株式会社/東北事業所
〒024-0051
岩手県北上市相去町西裏63-16 ※北上業務団地
TEL.0197-72-6216
FAX.0197-72-6217
室蘭ヒート株式会社/本社・工場
〒050-0052
北海道神室蘭市香川町37-23
TEL.0143-55-3020
FAX.0143-55-5330
室蘭ヒート株式会社/苫小牧工場
〒059-1362
北海道苫小牧市柏原6-101
TEL.0144-55-8182
FAX.0144-55-8099