金属熱処理 Q&A

 割れる・折れる / 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 浸炭焼入れ / 硬さ / 高周波焼入れに関するお問い合わせ

仮定の話になりますが、同じ形状であったら浸炭焼入と高周波焼入は、どちらのほうが折れやすいですか?

仮定として

浸炭焼入・・・材質SNCM415

外径表面HRC58~60(硬化層深さ1.0~1.2mm)

 

高周波焼入・・・材質S45C

外径表面HRC58~60(通常の硬化層1~2mm)

 

形状はともにシンプルにφ80✕500mmと仮定します。

製品の使用目的・・・不明

 

浸炭焼入のほうが高周波焼入よりも

折れやすいと考えられます。

浸炭焼入のほうが内部硬度が高いからです。

 

現実的には他の要素も考慮して設計段階で

材質や熱処理方法を決めていますので

注意が必要です。

 

詳細はこちらの記事を御覧ください。

高周波焼入と浸炭焼入に内部硬度に違いについて教えてください

 
 
 
最新版の材料価格早見表はこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 
 
 
 
 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード