金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 硬さに関するお問い合わせ

SUS304を硬くしたいです。不可能なら代替案として熱処理で硬くなるステンレスはありますか?硬さと耐食性を比較検討できたら助かります。

SUS304はオーステナイト系ステンレスといい

焼入れ焼戻し等で全体的に硬くすることはできません。

窒化処理により表面を数ミクロンを硬くすることはできます。

 

他の代表的なステンレス、SUS440C・SUS420J2(マルテンサイト系ステンレス)、SUS630(析出硬化系ステンレス)を比較した結果は以下の通りです。

ただし、耐食性の比較は、何に対しての耐食性か、使用温度により結果が変わります。

 

硬さのでの比較

HRC55以上⇒SUS440C

HRC50以上⇒SUS420J2

HRC40以上⇒SUS630

HRC20未満⇒SUS304

 

耐食性の比較

一般的にC量が多いほど耐食性が劣ると言われます。

C量0.08%以下⇒SUS304

C量0.07以下⇒SUS630

C量 0.26~0.40%⇒SUS420J2

C量 0.95~1.2% ⇒SUS440C

 

『ステンレスの区分』と『熱処理対応』早見表

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア