金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 真空熱処理 / 硬さに関するお問い合わせ

SUS304の製品へ無電解ニッケルメッキをした後に真空熱処理を施します。今まで通常400℃で処理していましたが依頼先から500~600℃で処理してほしい旨の相談がありました。想定できるリスクはありますか?

500~600℃で処理する目的は何でしょうか?

無電解ニッケルメッキの硬化を目的としたベーキングでは

おおよそ400℃程度で硬さの最大値が出ます。

 

無電解ニッケル処理後の熱処理ですから

仕上がり品に熱を加えるわけです。

したがって

熱処理の目的を果たし、

かつ

熱による変寸、変形の恐れがあるため

なるべく低い温度で処理したいところです。

 

さらに重要なことは

500~600℃で処理しゆっくり冷やした場合

SUS304の本来持っている耐食性を低下させる

『鋭敏化』という問題も発生する可能性も

考慮する必要があると思います。

 

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア