金属熱処理 Q&A

 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 歪む・曲がる / 焼入れ / 焼戻し / 真空熱処理 / 硬さに関するお問い合わせ

SKD11の焼入れ焼戻しで図面での指定硬度がHRC58~62となっています。熱処理を依頼するときに低温焼き戻しにするか、高温焼き戻しにするかと聞かれてもこちらは素人なのでどうしたらよいのか分かりません。判断基準を教えてください。

SKD11の場合

HRC58~60の場合は高温焼き戻し

HRC60~62の場合は低温焼き戻し

を選択しています。

いずれの焼き戻しを選択しても図面の指定硬度は満たしますが

次のことに注意する必要があります。

 

【高温焼き戻しの選択基準】

HRC58~60

後加工で放電加工やワイヤー加工がある場合

熱処理後にコーティングなどがある場合

靱性重視(靱性>硬さ)

寸法変化はプラス傾向

※プレート形状で反りを矯正する場合は必然的に高温焼き戻しになります

※弊社では高温焼き戻しは通常大気炉で行っています

 

【低温焼き戻しの選択基準】

HRC60~62

後加工は研磨等 硬さ重視(硬さ>靱性)

寸法は0~マイナス傾向

※プレート形状で反ってしまったときは高温焼き戻しをして反りの矯正を行ないます

※弊社では低温焼き戻しは通常真空炉で行っています

 

いくつか御提案できることがあります。

 

お気軽にお問い合わせください。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア