金属熱処理 Q&A

 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 火炎焼入れ / 炭素工具鋼(SK3など) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さ / 高周波焼入れに関するお問い合わせ

SK3とSKS3の違いって何ですか?

一文字違いですが、その性質は違います。

SK3は炭素工具鋼、SKS3は合金工具鋼というグループに属します。

 

熱処理の面から相違点を挙げますと

文献によると、SK3は水で冷却して焼入れを、SKS3は油で冷却して焼入れをすると書いてあります。

 

この冷却方法の違いが何を意味するかというと『硬さの入り易さ』と解釈することもできます。

つまりSK3の方がSKS3より硬度が入りにくいです。

 

気になるところでは

・高周波焼入やフレームハードの処理の場合

・熱処理後にワイヤーカットがある場合

・熱処理後の寸法変化

などでSK3とSKS3で対応が異なる場合があります。

 

最新版の材料価格早見表はこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア