金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 硬さ / 高周波焼入れに関するお問い合わせ

SCM440材でシャフトの高周波処理を依頼したところ、硬化層深さの規定値幅が狭いため高周波処理前に焼入れ・高温焼戻し(調質)を行いたいと言われました。理由を教えて貰えませんか?

高周波処理は瞬間的に加熱を行い保持時間も極端に短く直ぐに急冷します。
生材の組織ですとオーステナイト領域に加熱されてもクロム、モリブデンなどの添加元素は固溶されない割合が大きく硬さにムラが生じます。

焼入れ・高温焼戻しの処理が行われていれば、金属組織はソルバイトであるためオーステナイトへ固溶され易くなります。そして、硬化層深さも均一になります。

金属組織形状によって、オーステナイトへ固溶し易い、固溶し難いことが高周波処理前の焼入れ・高温焼戻し工程の必要性になります。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード