金属熱処理 Q&A

 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

S45Cの製品を焼入れしましたが、図面で指定されている硬度がでません。どうすれば図面の指定硬度を満たすことができますか?

S45Cの焼入れ焼戻しは、日常的に実施している熱処理です。
 
焼入れ焼戻しする鋼で材料費が安価なものの代表格です。
故に、選定されやすいです。
 
ご質問者様の指定硬度はHRC45~50
品物は0.1Kg程度の品物でした。
 
ある意味、熱処理屋からの視点で『焼入れ焼戻し』で一番難しいのはS45Cではないでしょうか?
 
なぜならS45Cは硬度が入りにくいからです。
毎回安定して同じ硬度が出るということはありません。
熱処理の条件が少し変わると、硬度にも影響を及ぼします。
しかも、品物の大きさによっても硬度の入り方に大きな差が出てきます。
一つの品物の中央部と端で硬度差が大きくでます。
 
S45Cの焼入れは事前の打合せ次第で後で問題になるケースがあります。
硬度測定箇所等を事前に顧客様と打合せすることをお勧めいたします。
 

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア