金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 浸炭焼入れ / 高周波焼入れ / 高炭素クロム軸受鋼(SUJ2など)に関するお問い合わせ

高周波焼入と浸炭焼入に通常使用する材質の違いについて教えてください。

高周波焼入に通常使用する材質の一例

S45C、SCM435、SCM440、SUJ2、SK3、SUS420J2、SUS440Cなど

 

浸炭焼入に通常使用する材質の一例

SCM415、SCM420、SNCM420など

 

ただし例外もあります。

SCM415等に高周波焼入する場合があります。

https://goo.gl/2C8csN

この場合、浸炭焼入と高周波焼入の大きな違いは内部硬度に現れます。

 

最新版の材料価格早見表はこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア