金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 固溶化熱処理 / 時効硬化熱処理に関するお問い合わせ

熱処理済みのインコネルのバネをもう一度熱処理すると何か不具合はありますか?

不具合の可能性はあります。

時効硬化処理を再処理すると

『過時効』という状態になる可能性があります。

過時効とは、硬化のために熱処理を施しているわけですが

最適とされている時間以上に処理することで、

さらに硬度を増すわけではなく

硬度を落とすまでに変化してしまいます。

対策としては再処理の前に固溶化処理をして

再度、時効硬化処理を行なうことが一般的ですが

そのことによって製品の寸法変化が予想されますので

テストをしてからの処理をお勧めします。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア