金属熱処理 Q&A

 硬さに関するお問い合わせ

熱処理後の硬さについて親会社から工程能力Cpk1.33以上を求められています。Cpkの値が意味することをネットで調べてもよく分かりませんでした。Cpkの値から何がわかるのでしょうか

工程能力Cpkの計算は
・仕様規格下限値と上限値(規格幅)
・実際の現物の硬さの数値
・実際の数値のばらつき(標準偏差)
によって計算します。
 
その詳細な計算方法は他のサイトに譲りますね・・・・
その計算方法はなかなか難しいですよね。
 
計算によって算出した値Cpkによって何がわかるかというと
 
工程能力Cpk1.33ですと
不良率(規格値から外れる可能性)が
約0.0063%と言われています。
 
例えば1ロット500個の品物を
チャージで処理した場合の
不良品の数は計算上
500個×0.0063%=0.0315個
つまり31チャージ(15500個処理)して1個
規格外の不良品が出るか出ないか
とうい判断になります。
安定した工程と判断できると思います。
 
これに比較して
工程能力Cpk1.0ですと
不良率0.27%と言われています。
 
上記の例と同じ条件で考えてみます。
500個×0.27%=1.35個
つまり毎チャージごとに
不良品が1個程度発生してしまう
可能性が出てきます。
 
 
Cpkの値から規格公差の決定や
検査方法(全数かサンプリングか)かなどの
判断材料の根拠にもなりえます。
 
 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア