金属熱処理 Q&A

 硬さに関するお問い合わせ

熱処理後に製品の硬さ検査を行ってほしいのですが、硬度測定の跡をつけたくないのです。何か方法はありますか?

現物の品物を測定できないのであれば、

現物そのものの硬さを保証することはできません。

ただそのような場合

硬度測定用のテストピースを支給していただいて

現物と同時に同じ処理をして

そのテストピースの硬さを測定することで

硬さ検査をおこなうことはあります。

 

この場合

実物を検査できない以上

熱処理品とテストピースは

同じロットの材料でなければ

検査の信頼性を維持できないと思います。

 

また製品は10Kgでテストピースは0.5Kgと

その大きさが大きく異なることも

問題があると思います。

なぜなら大きさによって硬度の入り方に

差がでる場合が多いからです。

 

ショア硬度計やビッカース硬度計を使うことも多くあります。

あくまでも換算は近似値でありますので

換算値の値を検査判定に使う場合は

事前に双方で検査方式について打合せしておくことをお勧めします。

 

 

参考Q&A

 

図面に熱処理後の硬度がロックウエル硬さHRC64~と表示されています。しかし、その品物の熱処理の検査成績表にはビッカース硬さHV820と記載してあります。図面の仕様は満たしていますか?

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード