金属熱処理 Q&A

 問題解決 / 焼なまし / 焼ならし / 硬さに関するお問い合わせ

熱処理で鋼の被削性が改善するのですか?

被削性に影響を与える一つの要素として、

鋼の硬さがあります。

鋼が削りやすい硬さ

(柔らかすぎず、硬すぎず)

つまり、

丁度良い硬さであれば被削性が良くなります。

 

目安として

炭素鋼の場合

炭素量によって判断しています。

 

炭素量が

●0.4%以下の場合⇒焼ならし

(理由)

母材が柔らかいので焼ならしで硬度を増す。

 

●0.4%超0.6以下の場合⇒焼きなまし

(理由)

母材が硬いので、焼入なましにより硬度を落とします。

 

●0.6%超の場合⇒球状化焼きなまし

(理由)

母材が硬いので、焼きなましにより硬度を落とします。

さらに硬い組織である炭化物の形状を

細かくして(球状化させて)

削りやすくします。

 

 

※鋼材によって、被削性は異なります。

また、焼きなまし後の硬度は材質によって異なります。

 

 

※被削性に影響を与えるものは、

鋼の硬さだけでなく

工具の状況や切削速度なども影響します。

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード