金属熱処理 Q&A

 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 浸炭焼入れに関するお問い合わせ

浸炭用の低炭素鋼(SCM415やSCM420など)の機械加工前には、『焼ならし』を施すと聞きました。機械加工前には軟らかくするために焼なましを行うのではないでしょうか? なぜ、焼ならしなのか、理由を教えて頂けますか?

炭素量が少なく軟らかい鋼材は、機械加工において刃の先端にワークの一部が付着し、本来の刃先に代わり加工を行います。この付着した刃先を構成刃先と言います。

焼ならしは、構成刃先を出現させないために結晶粒を微細化し、若干ではありますが、硬さを上昇させる作用を有します。

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード