金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 機械構造用合金鋼(SCM435など) / 炭素工具鋼(SK3など) / 硬さ / 高炭素クロム軸受鋼(SUJ2など)に関するお問い合わせ

検査用のピンゲージを自作するのですが材質選定にあたりどのようなことが考えられますか?

検査用のピンゲージに求められるものは以下のことが考えられますよね。

【硬さ】

使用するにつれて擦り減ったり、摩耗しないよう全体的に硬さが求められます。

 

【経年変化】

時間の経過に伴い寸法変化を極力少なくするために

焼入れ焼戻しするものであれば、サブゼロ処理をするかどうかも検討範囲です。

 

【材料費】

コストは材料選定の重要な要因です。

既製品のピンゲージのカタログを見ますとSUJ2を採用しているものを散見します。

一般的に、SKS3がよく選定されています。

         材料価格の比較

 

【熱膨張係数】

使用環境によっては考慮する必要があります。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード