金属熱処理 Q&A

 応力除去焼鈍 / 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼なまし / 着色 / 硬さに関するお問い合わせ

図面に『加工後に焼きなまし』と指示がでています。焼きなまし後の寸法変化が心配です。アドバイスいただけますか?材質はS45Cです。

機械加工で仕上げた後に

焼きなましをすると

図面上で公差指示がある部分については

公差を外れる可能性があります。

 

熱処理屋としては

加工後に焼きなましをする目的を知りたいです。

なぜ加工前の素材の時の焼きなましでは無いのか???

その他にも

●熱処理後の硬さ

●着色の有無

なども事前に確認しておいたほうが

いいと思います。

 

図面に『焼きなまし』とは書いてあるが

目的は加工応力を除去する『焼鈍』という可能性もあるかもしれませんね。

 

(注意)弊社では

『焼きなまし』と『焼鈍』という2つの言葉は使い分けています。

 

●『焼きなまし』・・・・完全焼きなまし

(処理温度800℃以上・鋼材による)

●『焼鈍』・・・・応力除去焼鈍

(処理温度おおよそ550~650℃)

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード