金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 炭素工具鋼(SK3など) / 焼入れ / 焼戻し / 真空熱処理 / 硬さに関するお問い合わせ

同じ材料屋さんから購入したSKD11部品20個を焼入れしたところ1個だけ硬さが通常より低いものがありました。どういったことが想定できますか?

SKD11は安定的に硬度が入る鋼種です。

大幅に硬度が低いのであれば

SKD11でない可能性が高いのではないでしょうか?

 

材料販売業者様が材質を間違う可能性は低いと思います。

それ以外の異材混入のケースを考えてみます。

 

例えば

加工中に加工ミスがあり

作業者が余り物の材料在庫から

誤って鋼種を選んで異材が混入してしまう

ということはありませんか?

稀ですが実際にあった話です。

 

参考までに

SK3をSKD11の温度で焼入れしてみると

SKD11だったら通常HRC60くらいの硬さのところ

この場合はHRC35~40ぐらいの硬さになります。

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード