金属熱処理 Q&A

 焼入れ / 焼戻し / 特殊材料 / 窒化処理に関するお問い合わせ

プリハードン鋼のNAK55、NAK80について、加工後に焼入れ焼戻しをして硬度をアップできないのはなぜですか?

プリハードン鋼は材料の段階から、およそ硬度がHRC40ぐらい入っている鋼材をいいます。

もともと硬度が入っていますので、そのまま製品として使用する場合もあります。また加工後にさらに焼入れ焼戻しをすれば硬度をアップすることができます。

しかしNAK55やNAK80はプリハードン鋼ですが、加工後焼入れ焼戻ししても硬度をアップすることはできません。

なぜならNAK55やNAK80は難しい言い方をしますと『時効硬化型の鋼』ということになります。

もともと時効硬化という熱処理をしておよそHRC40ぐらいしか硬度が入らない材料です。

硬度をアップする方法が全く違うのです。

だから加工後には窒化をして表面硬化を選択することがあります。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア