金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 応力除去焼鈍に関するお問い合わせ

オーステナイトステンレス(SUS304ほか)の溶接後に応力除去焼鈍をする予定です。ステンレスの特性である耐食性が悪くなる可能性があるということですが、それを回避する方法はありますか?

応力除去焼鈍するならば

SUS304Lや316Lなどの

低炭素ステンレスを選定することを

お勧めします。

 

専門的な話になりますが

鋭敏化曲線(TTS曲線)

というものがあります。

この曲線はステンレスの中の

Cの含有量と温度の関係により

鋭敏化(≒耐食性の悪化)しやすさを

表したものです。

 

SUS304では600℃付近に加熱した場合

30分で鋭敏化が起こるそうです。

 

これに対して

SUS304Lでは同様の条件で

鋭敏化するのに約10時間かかります。

 

Dr.TTさんの金属・材料技術問題相談

分かりやすく掲載されています。

 

興味ある方はぜひ

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

SUS304の焼鈍と固溶化処理の違いについて

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード