金属熱処理 Q&A

 応力除去焼鈍 / 焼なましに関するお問い合わせ

『焼鈍(しょうどん)』と『焼き鈍し(やきなまし)』って違う処理なんですか?それとも同じ処理なんですか?

熱処理の用語はあいまいなところがありますよね

 

弊社では

焼鈍といえば応力除去焼鈍のことを言い

加熱温度が550~650℃で徐冷します。

 

また焼き鈍しは

加熱温度が応力除去焼鈍より高くなります。

鋼材によっても変わりますが概ね800~880℃で炉冷(炉の中でゆっくり冷やす)します。

 

言葉があやふやな時は

熱処理する目的を熱処理業者に

伝えれば間違うことは無いと思います。

主な目的に軟化、結晶粒の調整、応力の除去などがあります。

 

※注意

①低温なまし、②応力除去なまし、③完全なましのような分類をしている場合があります。

 

これを弊社の分類では以下のように使い分けしています。

①の低温なまし===「軟化目的の焼き戻し」

②の応力除去なまし===「焼鈍」

③の完全なまし===「焼き鈍し」

 

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード