金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 析出硬化熱処理に関するお問い合わせ

SUS630の熱処理は、加工のどの場面で行うのがベストですか?

SUS630の熱処理は、析出硬化処理と言います。

500℃前後で行いますので、真空炉及び大気炉どちらも選択可能です。

また熱処理後の硬度はHRC40程度でですので、熱処理後の加工も可能です。

熱処理後の寸法変化は統計的に、およそマイナス0.10%~0.15%縮む傾向にあります。

以上のことから、様々な選択肢が考えられます。

熱処理のコストが一番かからないのは、素材時に大気炉にて熱処理して、その後に加工で仕上げる方法です。

デメリットはHRC40程度硬くなったものを加工しますので、加工し難いのではないでしょうか。

加工を仕上げてから真空炉で処理する方法も選択肢の一つです。

加工も硬度が入っていない状態で出来ますし、真空炉ですから光沢を残したまま仕上がります。

短所としては熱処理は真空炉で行ないますのでコスト高になります。また熱処理での変寸も考慮する必要があります。

 

※SUS631の場合は、またSUS630とは異なりますのでご注意を

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア