金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 焼戻し / 真空熱処理 / 着色 / 硬さに関するお問い合わせ

SUS440Cの製品を納入後、納入先から硬さが仕様より高いと連絡がありました。仕様硬さがHRC50~55のところ 実際にはHRC56.5だったとのことでした。。硬さを下げることは可能ですか?

硬さを下げることは可能だと思いますが

いくつか注意すべきことがあります。

 

●熱処理で硬さを下げることにより

寸法変化を起こします。

 

●熱処理での着色を避けるためには

真空炉で処理しなければならないので

数個の場合はコストが気になるところです。

 

●メッキなどの表面処理をしている場合には

剥離する必要があります。

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード