金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

SUS440C、SUS440B、SUS440Aについて主な違いは何ですか?

いずれも焼入れ焼戻しで硬くなるステンレスです。(マルテンサイトステンレスといいます)

文献によれば主な違いは焼入れ焼戻し後の硬さです。

硬さが高い順に

SUS440C > SUS440B > SUS440Aとなります。

理由はカーボン量の違いによるものです。

 

SUS440BやSUS440Aは市場性がSUS440Cに乏しく入手しずらい場合があります。

それでも図面でSUS440B、SUS440Aを指定している場合がありますので

実際の材料の手配にあたってはミルシートを入手しておくのも良いかと思います。

 

熱処理はSUS440C、SUS440B、SUS440Aともに同じ条件で処理できます。

 

ちなみにSUS440FはSUS440Cの快削鋼です。

 

 

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア