金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 高周波焼入れに関するお問い合わせ

SUS420J2の高周波焼入れは可能ですか?SUS420J2板材(t0.8)部品の一部を硬化させたい製品があります。 客先で試作して高周波焼き入れをしてうまくいったとのことです。 製品の外形サイズは、30×40×t0.8mmです。 複雑に曲げと絞りが入っている部品で、先端の15mm範囲のみ硬化させたいです。 量産になった場合、ロット1万個程度の規模です。

SUS420J2の高周波焼入は可能です。
 
ただ形状が複雑で、薄いとのことですので試作での評価は欠かせません。
 
※薄いので溶ける、変形などのリスクは高いと考えられます。
 
また量産の可能性があるのでらしたら、
 
試作の段階から量産を見据えた処理方法が可能な
 
熱処理業者を選定することをお勧めします。
 
『ステンレスの区分』と『熱処理対応』早見表

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 
 
 
 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード