金属熱処理 Q&A

 高周波焼入れに関するお問い合わせ

SUS420J2の複雑形状の板材(t0.8mm)の一部分を硬化したいのですが、お客様側では試作で高周波焼き入れをしてうまくいったとのことでした。量産になった時を見据えて何か注意すべきことはありますか?

当然のことながら
形状が複雑で、薄いですので
試作での評価は欠かせないと思います。
 
※薄いので溶ける、変形などの
リスクは高いと思います。
 
またその後、
量産の可能性がある
とのことですから
試作の段階から
量産を見据えた処理方法が
選択されているのか
見極める必要があります。
 
段取りに時間がかかり
一定時間内に対応できる
処理量が少ないと
コストに響くと思います。
 
『ステンレスの区分』と『熱処理対応』早見表

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード