金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 焼なまし / 硬さに関するお問い合わせ

SUS304 線材について、線径の規格がないことから規格品の線材を伸線加工しました。加工硬化が起きてしまいましたのでの低温焼きなましをしたいのですが、どうやって熱処理するのでしょうか?

細い線材は、プラスチック製のボビン(細いものを巻くための筒状のもの)に巻かれた状態にありますよね。

それをボビンに巻いたまま熱処理することができないので『ストランド炉』という特殊な炉を使って熱処理をします。

糸を巻き上げながらその途中で部分的に熱処理するイメージです。

 

線材の熱処理は、線材加工メーカーの一工程のとして位置づけられていることが多い思います。

加工時に同時に熱処理するということです。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 
 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア