金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 析出硬化熱処理 / 歪む・曲がるに関するお問い合わせ

SUS304ボルトを締めつけた時にねじれてしまいました。 形状的な部分も多々あるのですが、材料、処理等でこの問題を解決させる方法があれば教えてください。

ご質問は、海水中に持ち込む機械部品ということでSUS304のボルトを使用しているとのことでした。

ねじれを防止するためにはある程度の硬度が必要です。

SUS304は熱処理をしても全体的に硬度をアップすることはできません。

(窒化などにより表面のみ硬くすることはできます)

そこで材質を変更し、耐食性があり、

かつ、ある程度の硬さのを満たすものとして考えられるのが

SUS630です。

耐食性はSUS304と同程度

硬度は析出硬化処理という熱処理で

HRC40程度まで上げることができます。

 

※耐食性は諸条件により著しく変化しますので個別に確認が必要です

※SUS304は基本的に非磁性ですがSUS630には磁性があります

 

『ステンレスの区分』と『熱処理対応』早見表

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア