金属熱処理 Q&A

 ステンレス鋼(SUS304、SUS440Cなど) / 固溶化熱処理 / 応力除去焼鈍に関するお問い合わせ

SUS304の溶接加工物の応力除去を目的とした熱処理を行いたいのですが、どのような処理がありますか。

固溶化処理をお勧めします。

固溶化処理で応力を除去できます。

SUS304等のオーステナイト系ステンレスは、熱処理や溶接によって500℃~850℃の温度域に一定時間さらされると、粒界腐食の原因となり、ステンレス鋼の特色である耐食性が著しく低下します。

固溶化処理によって1000℃~1100℃程度に加熱・保持した後、500℃~900℃の温度域を急冷する事により本来の耐食性を維持することができます。

『ステンレスの区分』と『熱処理対応』早見表

SUS熱処理Q&Aまとめはこちら

SUS304の焼鈍と固溶化処理の違いについて



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要