金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 焼入れ / 焼戻し / 窒化処理に関するお問い合わせ

SLD-MAGIC(エスエルデーマジック)で焼入れ焼戻しからイオン窒化処理を連続して行うことはできますか?

連続して行うことはできます。

ただし、注意事項があります。

全ての鋼種に言えることですが

焼入れ焼戻しをすると、

ある程度の寸法変化や反りの発生は

避けられないものです。

その寸法変化などが図面仕様を満たしていれば

連続して行うことができるでしょう。

つまり、焼入れ焼戻し後に

図面仕様との確認が必要になってきます。

 

結論は

図面仕様が厳しいものについては

焼入れ焼戻し後、一旦お客様に品物を返却して

仕上げていただき

その後に

イオン窒化処理をおこないます。

図面仕様が厳しく無いものについては

イオン窒化処理を連続しておこなうこともできます。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア