金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 応力 / 応力除去焼鈍 / 歪む・曲がる / 焼入れ / 焼戻しに関するお問い合わせ

SKD11の熱処理(焼き入れ)で質問です。3次元形状の品物で極力熱処理後の歪や反りなどを抑えたいです。このような品物の場合に熱処理の工程でできることは何ですか?

熱処理の工程の中で説明します。

【焼入れ前の段階】

加工時の応力を除去するために応力除去焼鈍をすることがあります。

 

【焼入れの段階】

真空炉で焼入時の冷却圧力を調整して歪を極力抑える条件設定をします。
 
 

【焼き戻しの段階】

それでも歪や反りは出る場合もあります。
その場合は焼戻し時に特殊な治具で矯正します。
形状により修正が出来ないものもあります。
 
結果としてに通常の納期に比べて熱処理の仕上がりまでに多くの時間をいただく場合があります。
 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 
 


熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード