金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 歪む・曲がる / 焼入れ / 焼戻しに関するお問い合わせ

SKD11の焼入れ焼戻しで研磨シロが少なくて研磨で反りが取りきれません。何か良い方法はありますか?

通常は焼入れ時に発生した反りを、焼き戻し時に矯正します。

今回のご質問はSKD11のプレートで60x400x800mmとのことでした。

このぐらい厚みがあると焼き戻し時に反りを矯正するのは困難です。

研磨シロをどのくらい付けた方が良いのか加工前に貴社の熱処理業者と相談した方がよいです。

 

今回のご質問の回答は

既に焼入れ焼戻しをした後ですから、『焼きなまし』をして、反り矯正をしてから

再度、焼入れ焼戻しをするしか方法しか無いように思います。

焼きなましが不完全ですと反り矯正時に割れるなどの不具合が発生する可能性もあります。

 

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード