金属熱処理 Q&A

 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 焼入れ / 焼戻し / 真空熱処理に関するお問い合わせ

SKD11の焼入れ焼戻しをする時に、低温焼き戻しの場合と高温焼き戻しの場合とで、寸法の経年変化について違いがありますか?

SKD11などでは低温焼き戻しの方が高温焼き戻しよりも寸法の経年変化が小さいです。

このことは、特殊鋼メーカー様のカタログなどで、そのような記事が出ております。

 

↓リンクを参照してください。

大同特殊鋼㈱のDC53の資料

 

寸法の経年変化対策だけを

考えれば低温焼き戻しのほうが

高温焼き戻しよりも良いです。

ただし、

使用目的や熱処理後の加工の種類によっては

高温焼き戻しを選択すべき時があります。

高温焼き戻しをしつつ

寸法の経年変化対策として

サブゼロ処理や

安定化処理を

施しております。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード