金属熱処理 Q&A

 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 焼入れ / 焼戻し / 真空熱処理に関するお問い合わせ

SKD11のプレート(厚40/縦300/横300mm)を焼入れしました。縦方向に比べて横方向の方が寸法変化が大きかったのですが、何か理由があるのですか?

金属を製造するときの圧延方向が影響していることが考えられます。

 

金属にも木目のような目があります。

ロール目と言ったりします。

 

圧延方向によって寸法変化が変わることが想定されます。

材料仕入れのときに製品の長手方向を

圧延方向と合わせて注文して寸法変化の均一化を図ります。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード