金属熱処理 Q&A

 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

SKD11で熱処理後に仕上げた製品が数点があります。高温焼き戻しの物と低温焼き戻しの物が混在してしまいました。焼き戻しの違いを区別する方法はありますか?

仕上げた製品の硬さで区別がつく可能性があります。

硬さ測定機器の種類によっては、

大きな圧痕がつく場合がありますから注意が必要です。

 

硬さの測定だけで確証が得られない場合は

400℃程度の温度で焼き戻しすることにより

さらに区別しやすくなります。

 

硬度が下がらなければ高温焼き戻しをしていると推測できます。

硬度が下がったら、低温焼き戻しをていると推測できます。

ただし、この検証を行った場合、

特に低温焼き戻しの製品は寸法変化を伴ってしまいます。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード