金属熱処理 Q&A

 伸びる・縮む / 合金工具鋼(SKD11、SKS3など) / 焼入れ / 焼戻しに関するお問い合わせ

SKD11で指定硬さHRC58です。高温焼戻しだから納期がかかると言われています。熱処理の納期を短縮する方法はありますか?

なぜ低温焼き戻しは1回で済むのに、

高温焼戻しは2回もしなければならないのか?

できれば1回で済ませて納期の短縮につなげられないかとの質問でした。

結論から申し上げると

高温焼き戻しは必要だから2回行っているということになります。

なぜ2回必要なのか?

主に残留オーステナイト対策です。

 

残留オーステナイトとは、簡単に申し上げると

焼入れで硬い組織に変化しきれなかった金属組織です。

製品を仕上げた後の経年変化に影響を及ぼします。

ある実験では高温焼き戻し5回までは残留オーステナイトの減少に効果があったそうです。

SKD11の高温焼き戻しは2回よりも3回やった方が良いという方もいるほどです。

効果とコストそして納期の面から現在の高温焼戻しは2回に落ち着いたのだと推測しています。

 

主な焼き戻しの目的を以下に挙げました。

硬さ・靱性(ねばり強さ)の調整

残留応力(焼入れで生じたストレス)を除くため

寸法変化の安定化(残留オーステナイト対策)

 

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード