金属熱処理 Q&A

 炭素工具鋼(SK3など) / 焼入れ / 焼戻しに関するお問い合わせ

SK3の長いシャフトL=1300mmの焼入れ焼き戻しについて、ソルト焼入れで炉の大きさの関係から2回に分けて処理をすると言われました。2回に分けて処理して何か問題があるのでしょうか?

焼入れの内容を説明します。

ソルト焼入れ炉の深さが1300mm未満なので、シャフトを1回焼いて、さかさまにしてもう一度焼入れするとのことです。

 

下記の図をみて分かるように2回に分けて焼入れすると、

1回目のの焼入れで硬くなった部分が、

2回目の焼き入れの熱の影響で軟化してしまいます。

※図の緑色の部分

このような処理をする場合は事前に発注先の許可をとることも大事ですが

その前に、1回で焼入れすることが出来る方法を検討してください。

Book1



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア