金属熱処理 Q&A

 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

SCM435Hの『H』は何を意味しているのですか?

Hは『Hardenability』の略とのこと。

Google翻訳で調べてみると『焼入れ性』と表示されました。

内部硬さの焼入れ性を保証しているという意味です。

同一規格の鋼でもロットによるばらつきが多いと困ってしまいますよね。

ただ焼入れ性の保証と言ってもJISで決まっている試験の結果、焼入れ性を保証しているという意味です。

そのJISの試験を簡単に説明すると

φ25✕100mm(約0.4Kg)の丸棒を焼入れ温度まで加熱し、

φ25mmの一方の端面に噴水のように水を当てて行う試験です。

 

ですので実際の熱処理する品物が

例えばφ250✕100mm(約38Kg)と大きい場合

質量効果の関係で同じような結果が得られるとは限りませんよね。

 

 

場合によっては

『材質の変更』や『内部硬度の低下を考慮した設計』

を盛り込む必要があるかもしれません。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード