金属熱処理 Q&A

 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

S45C , S50C , S55C と言う材料がありますよね。 焼入れして1番硬くなる材料はどれですか? また理由を教えて下さい。

同じものを同じ条件で焼入れ焼戻しをしたとして

硬度が高い順から並べると

以下のようになります。

 

S55C

S50C

S45C

 

理由は各鋼材に含まれる炭素(カーボン、c)の含有量にあります。

炭素の含有量が焼入れ焼戻しの硬度に大きな影響を与えます。

 

それぞれの含有量は以下のとおりです。

 

S55C・・・0.52~0.58%

S50C・・・0.47~0.53%

S45C・・・0.42~0.48%

 

鋼材名の『数字部分』は【炭素の含有量】を示しています。

焼入れ焼戻しではいる【硬度】を示しているわけではありません。

 

※実務上の感じたことですが

S45CとS50Cを比べると硬度の差は大きく感じますが

S50CとS55Cの差は殆ど無いように感じます。

厳密に検証したことはありません。

 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア