金属熱処理 Q&A

 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 硬さ / 調質に関するお問い合わせ

S45C材を素材時に調質(HRC22~28指定)し、機械加工したところ、実際に仕上がった製品の硬度が低いことがわかりました。なぜですか?

S45Cを調質した場合、その硬度は『品物の表面』どこを計測しても一定になるということは通常ありえません。

また『品物の内部』の硬度は『品物の表面』の硬度よりは低くなるのが普通です。

よって素材黒皮時に調質した時は、『品物の表面』では規格硬度を満たしていたが

機械加工後には調質時の『品物の内部』が表面に現れ、そこの場所の硬度を計測したら硬度が低かったのではと推測できます。

このようなトラブルを避けるために、まずはご相談ください。

調質

 

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア