金属熱処理 Q&A

 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

S45Cミガキ材を使用した部品に熱処理をしたところ、場所によって硬さに差がでました。 なぜですか?

ミガキ材の表面には
炭素含有量が少ない
脱炭層というものがあり
表面は硬度が入りにくいです。
 
炭素の含有量は
焼入れ後の硬さに
大きな影響を与えるからです。
 
ミガキ材の内部は
規定値の炭素含有量と
なっていますので
切断して加工した面を
測定した方がよいです。
 
ただしS45Cはもともと焼入れ性が
よくない材質なので
熱処理品の大きさが
大きくなればなるほど
顕著に硬度は
入りにくくなります。
また同じ熱処理品でも、
場所によって硬度のバラツキは
大きくでる場合があります。
 

当サイトは、金属熱処理專門の武藤工業株式会社(神奈川・岩手)が運営しています。熱処理技能士が相談にお応えします

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード