金属熱処理 Q&A

 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 焼戻し / 硬さに関するお問い合わせ

S45Cの加工で相談があります。硬度がHRC40±2なので焼入れ焼戻しをしてから加工を行うつもりですが、熱処理上で何か問題があればおしえてください。

焼入れ焼戻しをするS45Cのは黒皮φ50x605mm(仕上り寸法φ48x600mm)とのこと。

硬度も高くなく、予算の関係から研磨加工無しで仕上げたいという理由から先に焼入れ焼戻しをしてから旋盤加工して仕上げたいとのことでした。

熱処理上の問題点は以下の2点です。

【問題点①】

上記寸法のS45Cを焼入れ焼戻ししたとき、指定硬度に満たない可能性が大きい。

たとえ指定硬度を満たしたとしても、熱処理品の端と中央部分では硬度差が大きくでる可能性が高い。

 

【問題点②】※問題点①が解決したと仮定してして

焼入れ焼戻し後に旋盤加工して削った場合(このφ50からφ20mmに削る部分があるとのこと)

そのφ20mmの部分は硬度が著しく下がっていることが想定されます。

———————————————————-

S45Cは、熱処理品の大きさによって硬度の違いが極端にでます。

さらには同じ品物で測る場所によっても硬度の違いが極端に出ます。

例えば端面部と中央部、表面部と中央部で硬度差が大きくでます。

 

 

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア