金属熱処理 Q&A

 機械構造用炭素鋼(S45Cなど) / 焼入れ / 硬さに関するお問い合わせ

S45Cで熱処理をしましたが、硬度が入らずに困っています。S45Cにかわる鋼材でコストが安く熱処理後の硬度も改善するものって何かありますか。

品物が大きくなると硬度が入り難くなることはあります。特にS45Cはその傾向が著しく表れます。

では、材質を変更すれば良いのでは、と言いたいところですが材質の変更はコストに大きな影響をあたえます。

鋼材別の価格の比較をしてみますと

おおよそですがS45Cのと比較して

SK3が3倍

SKS3が5倍

SKD11が7倍

これだけ価格に差があると出来るだけS45Cを使いたいですよね。

 

ここで注目して欲しいのはSCM435なんです。

価格はS45Cの30%増しですが、焼入れ焼戻しの結果は改善すると思います。

 

最新版の材料価格早見表はこちら

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

 

 



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  16名
  • 2級金属熱処理技能士  4名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2021年11月現在)


工具鋼のブランド対照表
ダウンロード