金属熱処理 Q&A

 炭素工具鋼(SK3など) / 焼入れ / 焼戻しに関するお問い合わせ

SK3材で焼入れ後、ワイヤーカット加工中に割れが生じてしまいました。対策はありますか?

SK3は、製品が厚いと表面と内部で硬度差が生じてしまっているからではないでしょうか。

その結果内部応力が発生し、ワイヤーカット時にその内部応力が割れの発生の原因と考えられます。

そこで製品に要求されている硬度との兼ね合いもありますが、焼き戻し温度を400℃以上で行うことを推奨します。

また材質変更も検討することも対策の一つです。

 

要求硬度にもよりますが、焼戻し温度を400℃以上で行う事をします。また、材質変更も一つの手かと思います。焼入条件並びに焼戻し条件を確認頂けますか?



熱処理お役立ちライブラリ


会社概要

熱処理技能士に相談

当サイトは、金属熱処理専門の武藤工業株式会社が運営しています。ご質問には熱処理技能士が即日返信でお答えします。【全国対応】


 
 
熱処理に関する質問

[ 熱処理Q&Aトップへ戻る ]


  • ショートミーティング
熱処理のことなら、まずはご相談ください。
  • お問い合わせ
  • 即日見積
オンライン工場見学実施中""


平均3,000
熱処理のエキスパート
  • 特級金属熱処理技能士  2名
  • 1級金属熱処理技能士  11名
  • 2級金属熱処理技能士  7名
  • 3級金属熱処理技能士  1名
  • 2級金属材料試験技能士 2名

(2020年3月現在)


工具鋼のブランド対照表
営業エリア